ボート釣りの基本タックル
竿 1.5〜2m程度で穂先の柔らかい竿
リール #2500程度の小型リール
道糸 2〜2.5号
テンビン 誘導テンビンがベスト、小型で良い。
仕掛け 2〜3本針で流線の7〜9号が基本。
オモリ 5〜15号で水深や風などによって使い分ける。
ジャリメ、青イソ、ゴカイ等
ボート用の仕掛けは3本針よりも使いやすい2本針が重宝されます。餌はあまりたらさずに当たりがあっても強くあわせる必要はありません。
ボート釣りの場合は船自体を潮や風に乗せて釣る流し釣りが広い範囲を釣る場合有利となります。
日の出ボートでは引き船をサービスしていますが、それは最初と最後だけではありません。
船頭は常に海上にいて皆様の状況を確認しに1〜2時間毎に見回りをしています。
ですから流し釣りでもOKですし、女性の方のトイレも心配ありません。
また、当然急に風が吹いて海上がシケてもすぐに迎えにいけますので安心して釣りに専念していただける物と思います。
色々な釣りに挑戦して色々な魚釣りを堪能していただきたいと思います。
アジ釣り仕掛けはサビキと一本針仕掛けを使い分けます。
エサ取りが少なく食いが渋い時には餌を付けた一本針仕掛けが有効です。
餌にはオキアミを使用しコマセにはアミを使用します。
仕掛けを落し込んで、着底したらハリス分シャクリながら竿をあおります。それを2回ほど繰り返して当りを待ちます。
大アジの場合はサビキでも一度に何尾も掛かる事はあまり無いのでじっくりと1尾づつポツポツ釣れば十分なのです。
利点は何と言っても色々な魚が釣れる事で、秋口はカワハギや黒鯛も釣れます。
欠点としてはハリスが若干長いのでおまつりやいとヨレに注意する必要があります。
サビキ仕掛けは餌取りが多い様な活性が高く数が寄った時に威力を発揮します。
何と言っても手返しが肝心で、当たりが無くても何度と無く打ち返すのが数釣りのコツです。
Copyright 2002 Hinode-Boat.All rights reserved.
*このサイトはリンクフリーですが、御一報下されば幸いです。
*基本的に販売は日本のみとさせていただきます。
IE4以上で御覧下さい。